【上海モーターショー15】マクラーレン、普及モデル「540C」発表…3.8Lツインターボは540ps

自動車 ニューモデル モーターショー
マクラーレン 540C クーペ(上海モーターショー15)
マクラーレン 540C クーペ(上海モーターショー15) 全 10 枚 拡大写真
英国のマクラーレンオートモーティブは4月20日、中国で開幕した上海モーターショー15において、マクラーレン『540Cクーペ』を初公開した。

同車は4月1日、ニューヨークモーターショー15で初公開されたマクラーレン『570Sクーペ』に続く「スポーツ・シリーズ」第二弾。世界市場へ投入される新型車となる。

540Cクーペのミッドシップには、3.8リットルV型8気筒ツインターボを搭載。車名の「540」とは、最大出力が540ps、最大トルクが540Nm(55.1kgm)であることに由来する。

トランスミッションは7速SSG。乾燥重量は1311kg。540Cクーペは、0-100km/h加速3.5秒、最高速320km/hの性能を実現した。

マクラーレン540Cクーペは、世界30以上の国での発売を予定している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV