ひたちなか海浜鉄道、JR東海などから気動車購入

鉄道 企業動向
ひたちなか海浜鉄道はJR東海などからキハ11形3両を購入した。ATSなどの整備後に営業運行を開始する。
ひたちなか海浜鉄道はJR東海などからキハ11形3両を購入した。ATSなどの整備後に営業運行を開始する。 全 4 枚 拡大写真
勝田~阿字ヶ浦間(茨城県ひたちなか市)14.3kmの湊線を運営するひたちなか海浜鉄道は5月7日、JR東海と東海交通事業からキハ11形気動車を購入したと発表した。

キハ11形は、JR東海が老朽化した国鉄型気動車の置換えを目的に、1988年から1999年にかけて導入した気動車。1993年には、JR東海の子会社で城北線を運営する東海交通事業も4両導入し、このうち2両をJR東海に貸し出していた。現在は初期に製造された車両の新型気動車への置換えが始まっており、既に16両がミャンマー鉄道省に譲渡されることが決まっている。

発表によると、ひたちなか海浜鉄道が購入したのはJR東海の1両(キハ11-123)と、東海交通事業がJR東海に貸し出していた2両(キハ11-203・204)。老朽化した旧型車両の置換え用として、4月22日に購入した。

現在は自動列車停止装置(ATS)などの整備をひたちなか海浜鉄道の機関区で実施している。営業運行の開始時期は未定。車両の塗装などについても「今後検討の上発表いたします」としている。5月17日に行われるひたちなか海浜鉄道7周年記念イベントでは、キハ11形を一般見学できるようにする予定だ。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。
  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区の山陽本線・呉線に投入される新観光列車「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 今年3月のダイヤ改正を機に引退したEF200形電気機関車。
  • E7系やW7系などが浸水した長野新幹線車両センター。この影響で、北陸新幹線が全線復旧しても、運行本数は従来の5~6割程度になる見込み。
  • 長岡~直江津間の臨時快速に接続するえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの列車。同線は10月15日に全線が復旧した。
  • E7系やW7系などが浸水した長野新幹線車両センター。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/05/07/250599.html/article/2015/05/07/250598.html/article/2015/05/07/250600.html