ひたちなか海浜鉄道、JR東海などから気動車購入

鉄道 企業動向
ひたちなか海浜鉄道はJR東海などからキハ11形3両を購入した。ATSなどの整備後に営業運行を開始する。
ひたちなか海浜鉄道はJR東海などからキハ11形3両を購入した。ATSなどの整備後に営業運行を開始する。 全 4 枚 拡大写真
勝田~阿字ヶ浦間(茨城県ひたちなか市)14.3kmの湊線を運営するひたちなか海浜鉄道は5月7日、JR東海と東海交通事業からキハ11形気動車を購入したと発表した。

キハ11形は、JR東海が老朽化した国鉄型気動車の置換えを目的に、1988年から1999年にかけて導入した気動車。1993年には、JR東海の子会社で城北線を運営する東海交通事業も4両導入し、このうち2両をJR東海に貸し出していた。現在は初期に製造された車両の新型気動車への置換えが始まっており、既に16両がミャンマー鉄道省に譲渡されることが決まっている。

発表によると、ひたちなか海浜鉄道が購入したのはJR東海の1両(キハ11-123)と、東海交通事業がJR東海に貸し出していた2両(キハ11-203・204)。老朽化した旧型車両の置換え用として、4月22日に購入した。

現在は自動列車停止装置(ATS)などの整備をひたちなか海浜鉄道の機関区で実施している。営業運行の開始時期は未定。車両の塗装などについても「今後検討の上発表いたします」としている。5月17日に行われるひたちなか海浜鉄道7周年記念イベントでは、キハ11形を一般見学できるようにする予定だ。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。
  • 「台車モニタリング装置」の概要。
  • 2017年7月の九州北部豪雨で橋脚が倒壊した久大本線の花月川橋梁は、翌年には架け替えられて復旧したが、今回の豪雨で再び様子が気遣われる。
  • 肥薩おれんじ鉄道で最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネル付近。左手の山から崩れた土砂と木々がその下の国道を巻き込んで大量に線路に流れ込み、佐敷トンネルの出入口が架線とともに完全に埋没した。
  • 当日は『おかえり登山電車61号』の列車名で運行される70000形GSE。
  • 7月18日からの再開が決まった『SLもおか』。
  • バイオディーゼルが混合使用される『あそぼーい!』用のキハ183系1000番台。
  • 現在、豊肥本線の大分側の折返し駅となっている阿蘇駅。7月21日からは約4年3か月ぶりに熊本側から列車がやってくる。

ピックアップ