【NEW環境展15】日本キャタピラー、環境にやさしい新型油圧ショベルなどを展示

自動車 ビジネス 企業動向
油圧ショベル「311FLRR」
油圧ショベル「311FLRR」 全 2 枚 拡大写真
日本キャタピラーは、5月26日から29日の4日間、東京ビッグサイトで開催される「2015地球温暖化防止展(NEW環境展同時開催)」に出展する。

展示会では、国内で初めて、オフロード法2014年基準をクリアした11トンクラスの油圧ショベル「311FLRR」を展示。さらに、建設機械7台、発電機1セット、アタッチメント10点以上の展示と映像による製品紹介を実施する。

そのほか、最先端のテクノロジー(ICT)を駆使した機械管理と現場管理の提案、ロボットオペレーションやアタッチメント交換のデモなどを行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • タグチ工業が開発したスーパーガジラ。
  • モリタエコノス(NEW環境展2018)
  • 脱着ボデートラック(車両総重量7.5トン車対応)
  • 新明和 G-PXシリーズ(参考画像)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ