ヤマハ発動機、無人ヘリで世界文化遺産を保護…三保の松原で薬剤散布

航空 企業動向
無人ヘリコプターによる松くい防除活動(三保の松原)
無人ヘリコプターによる松くい防除活動(三保の松原) 全 1 枚 拡大写真
ヤマハ発動機は、5月26、27日の2日間、世界文化遺産「富士山-進行の対象と芸術の源泉」の構成資産として登録されている静岡県・三保の松原で、産業用無人ヘリコプター「フェーザー」による松くい防除の薬剤散布を実施すると発表した。

この活動は、静岡市からの委託により今年から本格実施されているもので、今回は「三保文化ランド」と「羽衣の松」周辺の約10ヘクタールが対象。

昨年の試験散布では、三保半島海側の市有林約4ヘクタールを対象に実施、松枯れ被害の目安となるマツの伐採本数が206本と、前年度の約4分の1になったことが確認され、今年から本格実施に移行した。

今年の松くい防除のための薬剤散布は6月中旬にも実施される予定。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ