長野電鉄、小学生対象の運転体験ツアー開催…8月22~23日

鉄道 企業動向
運転体験に使われる3500系。元営団地下鉄日比谷線用3000形で、1994年、同線での運用終了後に一部の車両が長野電鉄へ譲渡された。
運転体験に使われる3500系。元営団地下鉄日比谷線用3000形で、1994年、同線での運用終了後に一部の車両が長野電鉄へ譲渡された。 全 1 枚 拡大写真
長野電鉄は8月22日から1泊2日の行程で、小学3~6年生を対象にした「ながでん運転体験宿泊ツアー」を開催する。

1日目の8月22日は、須坂駅の構内200m区間で3500系を2回運転するほか、車両基地の公開や車掌・駅員の体験を行う。2日目の23日には、トレインギャラリーNAGANO(須佐市)や旧屋代線信濃川田駅の見学を行う。

運転体験の定員は18人で、旅行代金は子供2万4000円、同伴者の大人が1万9000円。申込みは長野電鉄長電観光旅行センターまで電話またはメール、ファックスで。先着順に受け付け、締切は7月15日。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ