梅小路蒸気機関車館と京都水族館、記念共通券を発売…7月18日から

鉄道 企業動向
記念共通入館券のイメージ。7月18日から8月30日まで発売される。
記念共通入館券のイメージ。7月18日から8月30日まで発売される。 全 5 枚 拡大写真
京都市内の梅小路エリアにある梅小路蒸気機関車館と京都水族館(京都市下京区)は、7月18日から8月30日まで両館の記念共通入館券を発売する。

梅小路蒸気機関車館は8月30日限りで閉館し、2016年春には同館を拡張する形で京都鉄道博物館が開館する予定。これを受けて蒸気機関車館と水族館は、梅小路公園周辺エリアの活性化を目的に、蒸気機関車館の閉館記念として共通入館券を発売することにした。

発売額は大人用のみ2100円。通常の入館料(大人)は蒸気機関車館が410円、水族館が2050円で、共通入館券の方が360円安い。各施設とも発売当日1回限り有効だが、蒸気機関車館の『SLスチーム号』乗車と蒸気機関車館への再入館はできず、払戻しやICカードでの購入もできない。蒸気機関車館では10~17時、京都水族館では10~19時に発売する。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV