スタンレー電気、中国に自動車用ランプの設計・開発会社を新設へ

自動車 ビジネス 企業動向
スタンレー電気(webサイト)
スタンレー電気(webサイト) 全 1 枚 拡大写真
スタンレー電気は、中国・天津市に、自動車用ランプを設計・開発する新会社を設立することを決定したと発表した。

新会社は「天津スタンレー電気科技」で、資本金は約40億円。スタンレー電気が全額出資して今年8月、天津市に設立する。

中国の自動車市場が拡大していることから、主に自動車用照明器具の設計・開発会社を設立し、現地設計・現地開発力を強化するとともに、人材を育成していくのが目的。これにより、ホンダをはじめとする主要納入先の現地開発、現地設計に対して迅速、きめ細かく対応していく。

新会社では、2015年度に約23億円、2016年度には約27億円の売上げを計画している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ車や軽にも後付け可能なオートスライドドアキット
  • 車両周辺の凹凸や落下物を3D化して検知して、距離や状況を図る「3D Dtection System」など、光学技術を使った出展が注目されたスタンレーのブース
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • レイブリック『スライドドアオープナー』
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ