北米SUVオブザイヤー2016、第一次選考21台…日本車は レクサス RX など8車種

自動車 ニューモデル 新型車
新型レクサス RX のF SPORT
新型レクサス RX のF SPORT 全 8 枚 拡大写真
北米カーオブザイヤー主催団体は6月末、「2016北米トラック&SUVオブザイヤー」の第一次選考21台のリストを発表した。

北米トラック&SUVオブザイヤーは、今年で23回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、北米でデビュー(マイナーチェンジや新グレード投入も含む)、またはデビュー予定のライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)の中から、ベストな1台を選ぶ。

リストには、正式発表前の新型車が含まれる。これは2016年1月のイヤーカー発表後、速やかに市販され、年間2000台以上を北米市場で販売すればいいという規則に基づいている。

2016北米トラック&SUVオブザイヤーのノミネート車21台は、以下の通り。

フィアット500X
フォード・エッジ
ホンダ・HR-V(ヴェゼル)
ホンダ・パイロット
ヒュンダイ・ツーソン
インフィニティQX50(日産スカイラインクロスオーバー)
ジープ・レネゲード
キア・ソレント
ランドローバー・レンジローバースポーツ
レクサスRX
リンカーンMKX
マツダCX-3
メルセデスベンツGLC
メルセデスベンツGLE
メルセデスベンツ・メトリス(ヴィトー)
三菱アウトランダー
日産タイタン
ラム・プロマスターシティ
テスラ・モデルX
トヨタ・タコマ
ボルボXC90

メーカー別では、地元米国の最大手、GMが1車種もなし。ドイツ・プレミアム勢からは、BMWとアウディが1車種もノミネートされていない。

日本メーカーでは、トヨタが新型『タコマ』と新型レクサス『RX』。日産は新型『タイタン』と改良新型インフィニティ『QX50』(日産『スカイラインクロスオーバー』)。ホンダは『HR-V』(日本名『ヴェゼル』)と新型『パイロット』。マツダは『CX-3』、三菱は改良新型『アウトランダー』の合計8車種。なお、スバルは1車種もリストアップされていない。

2016北米トラックオブザイヤーは2016年1月、デトロイトモーターショー16の会場で発表される。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ