HERE社、自動運転実験用の高精度地図データを作成…日本版は2015年後半に提供開始

自動車 テクノロジー 安全
高精度3次元地図データ
高精度3次元地図データ 全 1 枚 拡大写真
ノキアの地図事業HEREは、米国、フランス、ドイツ、日本の4か国において、自動車関連企業に対して、一部の公道の高精度3次元地図データの提供を開始している。

HEREは、自社保有のLiDAR(レーザーレーダー)を装備した計測車両と高機能な処理技術を使用して高精度3次元地図データ(HD Map)を開発。この取り組みの中で、自動運転プロジェクト用の専用道路地図を作成した。

HEREは今回初めて、すべての自動車メーカーと自動車関連サプライヤーに対し、実験用に米国のシリコンバレーとミシガン州、フランス、ドイツの特定範囲のHD Mapを提供した。また、2015年後半には、東名高速の東京近郊部分のルート地図を作成し、日本向けのデータも提供する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 5G活用共同実証実験を行う3社の幹部。左からNTTドコモの中村武宏執行役員、オムロンの福井信二執行役員、ノキアソリューションズ&ネットワークスの木田等理執行役員
  • 一斉同報配信の概要
  • ノキアのHERE買収完了を発表したBMWグループ、アウディ、ダイムラーの首脳
  • ノキアの「HERE」の高精度3次元地図データ
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/07/22/256112.html/article/2015/07/22/256111.html/article/2015/07/22/256113.html