【リコール】クライスラー 300C など、タカタ製エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 国内マーケット
クライスラー 300C(参考画像)
クライスラー 300C(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
FCAジャパンは7月31日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコール(回収・無償修理)を国土交通省にを届け出た。

対象となるのは、クライスラー『300Cツーリング』『300C』『300C SRT8』、ダッジ『チャージャー R/T』『チャージャー SRT8』『チャレンジャー SRT8』の6車種で、2004年12月20日から2008年9月3日に輸入された2886台。

運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、エアバッグ展開時にインフレータ内圧で容器が破損して構成部品が飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、運転者席側エアバッグのインフレータを年式の古いものから順次代替品と交換する。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー・サミット
  • ジープ・グランドチェロキー
  • 2024年型クライスラーE8
  • ラングラー/ラングラー・アンリミテッド2011年モデル
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/07/31/256973.html/article/2015/07/31/256972.html/article/2015/07/31/256974.html