レクサス RC にも欧州で「200t」追加…2.0ターボは245hp

自動車 ニューモデル 新型車
レクサスRC 200t
レクサスRC 200t 全 1 枚 拡大写真
レクサスは7月31日、欧州仕様の『RC』に「200t」グレードを追加すると発表した。

200tグレードは6月末、欧州では『IS』に設定されたばかり。レクサスは、今度は2ドアクーペのRCにも、200tを拡大展開する。

200tは、レクサスのSUVの『NX』と新型『RX』に続いて、ダウンサイジングのターボエンジンを搭載。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、欧州仕様の場合、最大出力245hp、最大トルク35.7kgmを引き出す。

トランスミッションは8速AT。駆動方式はFR。RCの200tグレードは、0-100km/h加速7.5秒、最高速230km/hのパフォーマンスを実現する。

環境性能は、欧州複合モード燃費13.9km/リットル、CO2排出量166g/kmと良好なレベル。なお、RCの200tグレードの「F SPORT」には、トルセンLSDが装備される。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス RC300h バージョンL(ラディアントコントラストレイヤリング)
  • レクサス RC F 富士スピードウェイ・エディション(米国仕様)
  • レクサス RC の2021年モデルのブラックライン・スペシャルエディション
  • レクサス RC 改良新型
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV