軍用車製造の米AMゼネラル、メルセデス Rクラス 受託生産を開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
米国のAMゼネラル社で受託生産が開始されたメルセデスベンツRクラス
米国のAMゼネラル社で受託生産が開始されたメルセデスベンツRクラス 全 4 枚 拡大写真
米国のAMゼネラル社は8月11日、メルセデスベンツ『Rクラス』の受託生産を開始した。

AMゼネラル社といえば、軍用車、『ハンヴィー』の製造元として有名。1992年、当時GM傘下だったAMゼネラル社は、軍用車のハンヴィーの民生用車両として、ハマー『H1』を発売。俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏も、熱心なH1のファンとして知られた。

ところが2006年夏、GMはH1の生産を中止。原油価格の高騰を受け、燃費が4km/リットル台のH1の販売が、極端に落ち込んだのが理由。しかし、軍用車のハンヴィーは、AMゼネラル社で継続生産されている。

2015年1月、メルセデスベンツは、AMゼネラル社に、Rクラスの生産を委託すると発表。メルセデスベンツが、AMゼネラル社にRクラスの生産を委託するのは、米国工場におけるSUVの生産能力を増やすのが目的。メルセデスベンツのアラバマ州タスカルーサ工場から、AMゼネラルのインディアナ工場にRクラスの生産を移管することで、余った生産能力をSUVの増産に振り向ける。

8月11日、AMゼネラルのインディアナ工場から、Rクラスの受託生産第一号車がラインオフ。メルセデスベンツUSのジェイソン・ホフ社長兼CEOは、「Rクラスは中国での需要が高く、生産を継続する。このプロジェクトにおいて、AMゼネラルは理想的なパートナー。メルセデスベンツの世界の生産・品質基準を備えている」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型
  • 戦略的提携を締結することで合意したメルセデスベンツと中国のバッテリーメーカーのファラシス・エナジー社
  • スマートのEVを生産しているメルセデスベンツのフランス・ハムバッハ工場
  • F1オーストリアGP
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ