【フランクフルトモーターショー15】シトロエン カクタスM…名車オマージュしたオープンボディ[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
シトロエン カクタスM(フランクフルトモーターショー15)
シトロエン カクタスM(フランクフルトモーターショー15) 全 27 枚 拡大写真
『カクタスM』は、シトロエンの名車、『メアリ』に触発され、メアリの考え方を現代に再現したコンセプトカー。メアリは1968年に誕生。オープンボディのオフロード車は支持を集め、1988年までの20年間に、14万台以上が生産された。

メアリの特徴のひとつは、ABS樹脂製ボディパネル。カクタスMでは、軽量なプラスチック製ドアを採用。フロントウインドスクリーンも新設計し、メアリのイメージが再現された。

また、カクタスMもメアリ同様、屋根はない。カクタスMでは、「ルーフエクステンション」という考え方を導入。屋根の代わりに、サーフボードやウェイクボードを固定できる設計としている。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV