豊田合成、からくり改善くふう展に過去最多の26作品を出展…10月1日・2日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
からくり改善くふう展2015
からくり改善くふう展2015 全 1 枚 拡大写真
豊田合成と関連企業9社は、10月1日・2日にポートメッセなごやで開催される「からくり改善くふう展2015」に出展する。

からくり改善くふう展は、製造現場での「お金をかけない、創造性に優れた、楽しい作業改善」を広く発表する場として、1994年より日本プラントメンテナンス協会主催により開催されている。

豊田合成は、生産性や品質、安全を高めるため、知恵を使い費用をかけずに実施可能な「からくり改善」を推進し、ものづくり企業としての強い現場づくりに積極的に取り組んでいる。

今回は、台車の棚をガチャと斜めにロックして製品投入・取り出しを楽な姿勢でできる「ガチャロック台車」やシューターに通い箱を流すと箱種ごとに勝手に仕分ける「勝手に仕分けやがれ」など、過去最多となる26作品を出品する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • i-Landに搭載されたLED発光エンブレム
  • 廃材を活用した商品(一例)
  • レクサスLMのグリルは豊田合成が生産する(上海モーターショー2019)。
  • マイクロ波給電(Cota)が実現する未来
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ