【東京モーターショー15】ホンダ、市販燃料電池車の航続距離は700kmプラスα

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダ 新型FCV
ホンダ 新型FCV 全 2 枚 拡大写真
ホンダは9月30日、東京モーターショー2015の出展概要を発表した。四輪車では15年度中に発売を予定している新型燃料電池車(FCV)がワールドプレミアされる。

これまでリース販売してきた『FCXクラリティ』と同じセダンだが、燃料電池(FCスタック)を市販FCVとしては初めてボンネット内に配置することで居住空間を拡大。乗車定員は5人とクラリティーやトヨタ自動車の『MIRAI(ミライ)』の4人を上回る。

またFCスタックなどの性能を高め、3分ほどで水素を満充てんした後の航続距離(JC08モード)は「700km以上」になる。これもMIRAIの650kmを上回る。ホンダ広報部によると、航続距離等は国の審査中だが、「700kmを上回ってインパクトのある数字になる」見通しという。

新型FCVについては東京モーターショーのプレスデー初日である10月28日に、八郷隆弘社長が車名や発売時期、価格、性能などを明らかにする予定だ。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 エンゲルベルクツアラー
  • アルピナ BMW ALPINA XD4 Allrad
  • アルピナ B3リムジーネ
  • 公共交通はもっと自由に! ダイハツ イコイコ…東京モーターショー2019[詳細画像]
  • レクサス LX 次期型 予想CG
  • 日産 キャシュカイ 現行モデル
  • ポルシェ カレラGT ザガート
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/09/30/261046.html/article/2015/09/30/261045.html/article/2015/09/30/261047.html