琉球エアーコミューター、ボンバルディア Q400Combi のローンチカスタマーに

航空 企業動向
琉球エアーコミューター、ボンバルディアQ400Combiのローンチカスタマーに
琉球エアーコミューター、ボンバルディアQ400Combiのローンチカスタマーに 全 1 枚 拡大写真
ボンバルディア・コマーシャル・エアクラフトは9月30日、JALグループ傘下の琉球エアーコミューターがターボプロップ機Q400Combiのローンチカスタマーになると発表した。

Q400Combiのメインデッキは貨物室と客室で構成。最も多くの積載物を運べる配置の場合、貨物の最大積載重量は9000ポンド(約4トン)、最大積載容量は32.6立方メートル。琉球エアーコミューターは、貨物輸送力に優れる機材の導入で、沖縄の地域経済・社会を下支えするとしている。座席数は50席(シートピッチ32インチの場合)、58席(シートピッチ29インチの場合)。

琉球エアーコミューターは2014年7月、現在使用中の4機のDHC-8-100(39人乗り)と1機のQ300(50人乗り)の後継機として、5機のQ400Combi購入契約を結んでいたが、ボンバルディアは公表していなかった。発注額は約1億6800万ドル(約202億円)。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • エア・バルティックのボンバルディアCS300
  • ボンバルディア、SWISSにCS100初号機を納入(1)
  • ボンバルディアDHC-8-Q400
  • ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • Ajlani Motors 新型 ハイパーカー ティザーイメージ
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/10/01/261189.html/article/2015/10/01/261188.html/article/2015/10/01/261190.html