【東京モーターショー15】スバル、次期 インプレッサ のコンセプトを世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー
スバル インプレッサ 5ドア コンセプト
スバル インプレッサ 5ドア コンセプト 全 23 枚 拡大写真
富士重工業は、10月30日から11月8日まで一般公開される「第44回東京モーターショー2015」にて、スバル『ヴィジヴ フューチャー コンセプト』と『インプレッサ 5ドア コンセプト』を世界初公開する。

今回のブーステーマは、「New SUBARU Story」。スバルは安心で愉しいクルマを提供することで、ユーザーのアクティブな世界が広がり、人生の新たなストーリーがスタートするきっかけとなることを目指している。ブースでは、スバルが提供する安心で愉しい世界観を5つの大型スクリーンを活用した劇場型ブース「SUBARU Life Theater」にて紹介する。

世界初公開となるヴィジヴ フューチャー コンセプトは、スバルが目指すクルマづくりの将来ビジョンを具現化したSUVタイプのコンセプトモデル。アクティブに出掛けたくなるデザインパッケージに加え、進化版アイサイトとV2X(車車間・路車間通信)などを組み合わせた自動運転技術や、ダウンサイジングターボとハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットの採用など、安心で愉しいドライビングを実現する次世代技術を提案する。

また、スバルの新世代モデルの第1弾として位置づける次期インプレッサのデザインをイメージした5ドアスタイルのコンセプトモデルも世界初公開。新世代モデルへ本格採用していく「DYNAMIC(躍動感)×SOLID(塊感)」を核として、スバルデザインに欠かせないドライビングへの期待感を高めるスポーティさや先進性、安心感を高める機能価値を凝縮し、クラスを超えた価値を表現したデザインとした。

そのほか市販モデルでは、『WRX S4』や『レガシィ B4』に特別仕様を施し、上質で豊かな室内空間を提供する「SporVita(スポルヴィータ)シリーズ」、『WRX STI』をベースとしたSTIコンプリートカー『S207』、『フォレスター』『XV』の大幅改良モデルなどを出展する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/10/07/261564.html/article/2015/10/07/261563.html/article/2015/10/07/261565.html