ZF TRW、横滑り防止装置の機能を強化…自動運転機能と連携

自動車 ビジネス 企業動向
統合ブレーキ制御
統合ブレーキ制御 全 1 枚 拡大写真
ZF TRWは、横滑り防止装置(ESC)の機能を強化すると発表した。

今回の機能強化により、ESCには自動運転機能や安全システム、シャーシ、ドライブトレインなどの機能を制御するソフトウェアアルゴリズムを搭載、高度なブレーキ機能に加え、「ブラックボックス」的な統合ハブとしての役割を果たす。

同社が開発した6ピストンポンプ横滑り防止装置ESCプレミアム「EBC460」は、パワフルなマイクロコントローラの1つで、多くのソフトウェアを統合できる。今年後半には、高度な自動運転機能の制御アルゴリズムを搭載したESCモジュールを、欧州の大手自動車メーカー向けに提供を開始する予定。

このESCモジュールは、センタークラッチや後輪操舵、電動パーキングブレーキ、ドライブトレインなど、高度なシャーシアクチュエータに向けた統合プラットフォーム制御が可能となる。車両のあらゆる動きについて最大限の快適性と高度な制御能力の実現をサポートする。

高度な安全機能と自動運転機能を搭載するためには、高いレベルのソフトウェア統合能力が求められる。ESCの一元化した「プロセシング・ハブ」の活用で、車載ECUの数を減らせるとともに、車載電子アーキテクチャーを簡素化できる。

同社のESCは、外部他社のソフトウェアコンポーネント、アルゴリズムの組み込みを可能とするとともに、ASIL-Dなど、最も厳格な安全規格や、Autosarなどの最新の車載ソフトウェア標準規格にも対応する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ