グリーンカーオブザイヤー、最終選考5台…新型 プリウス と シビック が残る

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
トヨタ プリウス 新型(北米モデル) 全 5 枚 拡大写真
米国の『グリーンカージャーナル』誌は10月15日、「2016グリーンカーオブザイヤー」の最終選考5台を発表した。

同賞は、今年が11 回目。米国の中でも、最も環境意識が高いとされるカリフォルニア州のロサンゼルスモーターショーで、毎年発表されている。米国在住のジャーナリストが、2014 年秋から2015 年秋までの1年間に米国で発表された新型車の中から、最もエコな1台を選出する。

最終選考に残った5台は、以下の通り。

●アウディA3 e-トロン
●シボレー・ボルト
●ホンダ・シビック
●ヒュンダイ・ソナタ
●トヨタ・プリウス

5台の中で、日本車は新型トヨタ『プリウス』と新型ホンダ『シビック』の2台。新型プリウスは、日本仕様で最高40km/リットルの低燃費が特徴。一方、新型シビックは、ガソリンエンジンで低燃費を追求する。

残る3台は、アウディ『A3 e-トロン』と新型シボレー『ボルト』がプラグインハイブリッド車(PHV)。新型ヒュンダイ『ソナタ』は、ハイブリッドとPHVの両方をラインナップ。

ここ数年の結果は、2010年がGMのPHV、シボレー ボルト、2011年が新型ホンダ シビックの天然ガス仕様、「シビック・ナチュラルガス」、2012年はフォード『フュージョン』、2013年はホンダ『アコード』、2014年はBMW『i3』が栄冠に輝いている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW コンセプト M8 グランクーペ(参考画像)
  • マツダ デザイン本部の土田廉剛 チーフデザイナー
  • マツダ 商品本部 別府耕太主査
  • レクサス RC 改良新型の XCC(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/10/16/262179.html/article/2015/10/16/262178.html/article/2015/10/16/262180.html