ドローン操縦者の認定制度を開始、7法人をスクール認定

航空 企業動向
ドローン(イメージ)
ドローン(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、日本初となるドローン(無人航空機)の操縦者と安全運航管理者養成スクールの認定制度をスタートし、第1号認定スクールとして7法人を認定した。

認定スクールでJUIDAが定める科目を終了した操縦者には、JUIDA技能資格証明証を交付する。また、新たに無人航空機安全運航管理者制度も導入して、同じく認定スクールで養成し、修了者にはJUIDA安全運航管理者としての資格証明証を交付する。

急速に普及している無人航空機は、新しい産業として成長する可能性があるが、一方で墜落や危険飛行による事故などのリスクも懸念されている。JUIDAでは、「無人航空機の安全に関する指針」を発表した。同時に、JUIDAでは無人航空機の運航に当たっての安全性・信頼性を高めるためには、操縦者や安全運航管理者の養成が重要と考え、JUIDAの基準を満たしている学校・企業を無人航空機操縦者・安全運航管理者養成スクールとして認定することにした。

JUIDA認定スクールの修了者にはJUIDAから安全運航管理者の資格証明証を交付する。

第1号の認定スクールは、双葉電子工業、学校法人日本航空学園、デジタルハリウッド・ロボティクスアカデミー、NECフィールディング、五光物流、サイトテック、日本DMCの7法人。

認定制度のスタートとともに、JUIDAの資格証明証を取得した操縦者と安全運航管理者のいる企業を対象とした専用の保険制度を導入する予定。この保険制度は、損害保険ジャパン日本興亜と、東京海上日動火災保険が取扱う。

第1号認定スクールの講習スタートは今秋を予定しており、JUIDAでは今後、認定スクールを全国に広げていく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ博物館の館内をドローンで撮影した映像
  • DJI JAPAN「Mavic Air 2」オンライン記者発表
  • ANHDとエアロネクストが量産を目指す物流ドローン「Next DELIVERY」の試作機
  • DJI Mavic Air 2
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ