【東京モーターショー15】トヨタ車体「マルチパーパスモビリティ」のコムス コネクト初公開

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ車体 岩瀬隆広 社長
トヨタ車体 岩瀬隆広 社長 全 6 枚 拡大写真
トヨタ車体は超小型電気自動車(EV)『コムス コネクト』を世界初公開。フレームにリチウムイオン電池とインホイールモーターを搭載するとともに、用途や乗車人数に応じて3つのタイプに仕様を変えることができるのが特徴。

トヨタ車体の岩瀬隆広社長は10月29日に開いたプレスカンファレンスで「私達は他社に先駆けて超小型EV『コムス』を発売し、新しい交通手段やビジネススタイルの実現に貢献してきた」と振り返った上で、「人とクルマと社会をつなぐマルチパーパスなモビリティがコムス コネクト」と紹介した。

その特徴については「さまざまなニーズに応え、使う人に合わせた仕様に形を変えて『デリバリー』、『パーソナル』、『タンデム』の3つのモードで新しいビジネススタイルや便利で快適な生活スタイル、そして人にやさしい街づくりに貢献していく」と語った。

さらに「小さなボディに私達が思い描く、もっといい明日への思いをのせた先進創造のクルマ、それがコムス コネクト」と強調した。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京モーターショー2019
  • アンソニー・ロー氏(ルノー)
  • 日本自動車工業会 豊田章男 会長
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV