ジェイテクト、自動車部品など好調で増収増益…2015年4-9月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
ジェイテクトのラックパラレルタイプ電動パワーステアリング
ジェイテクトのラックパラレルタイプ電動パワーステアリング 全 1 枚 拡大写真
ジェイテクトが発表した2015年4-9月期連結決算は、営業利益が前年同期比20.9%増の403億9400万円と増益となった。

売上高は同7.1%増の7018億円と増収となった。機械器具部品事業は、欧州や中国で販売が増加したほか、工作機械事業が日本での販売が増加したため。

収益では、売上げ増加の効果で、経常利益は同19.4%増の421億8000万円、純利益が同27.6%増の283億9100万円だった。

通期業績見通しは為替水準が円安基調で推移しているのに加え、自動車部品の売上げが堅調なため、上方修正した。売上高は前回予想より400億円増の1兆4100億円、営業利益が40億円増の820億円、経常利益が50億円増の850億円、純利益が40億円増の530億円となる見込み。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GRヤリス(ミッドランドスクエア・トヨタ自動車ショールームにて撮影)
  • 電動車駆動モータ用電食防止軸受
  • ファクトリーエージェント 製造業マッチングクラウド概要
  • J-PASフレアリーのイメージ
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ