ものづくり・金属加工の新たな受発注とは? 工場稼働をクラウドで管理

自動車 ビジネス 企業動向
「クラウド型受発注」の仕組み
「クラウド型受発注」の仕組み 全 2 枚 拡大写真

 アカリ・ファインメタルは12月1日、「クラウド型受発注」サービスの提供を開始する。

 同サービスは金属加工製品について、“発注したい企業”と“受注したい企業”をインターネット上でマッチングするもの。金属加工工場の各工程の負荷状況や製造機械の稼働率といった情報をクラウド上で管理するため、発注側は工程負荷や機械稼働率が低いタイミングで製造発注することで、製造コストを低く抑えられる。

 一方、受注側は工程負荷や機械稼働率が低いタイミングで受注することで、無理なく工場稼働率の向上を図れる。取引先の新規開拓がなかなか進みにくいものづくり、金属加工において、同サービスは業界活性化につながると期待される。

《加藤/H14》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】e-POWER用エンジンは完全新設計!弱点の高速燃費も「まだやりようはある」
  2. 取り付け直後はいい音に感じたが…スバル レガシィアウトバック 前編[カーオーディオ ニューカマー]
  3. 【日産 セレナ 新型】「家族のミニバン」進化は期待以上!? 最上級グレードの価格にも衝撃
  4. 2代目『アクア GRスポーツ』発売、新型ベースに剛性&足回りを専用チューニング
  5. アバルト初のSUV、185馬力ターボ搭載…『パルス』をブラジル発売
  6. オールシーズンタイヤが普及する可能性…住友ゴム工業に話を聞く
  7. アウディの「道路を走るプライベートジェット」、『グランドスフィア』…米デザインイベント出展へ
  8. 知らずに入れたら危険! ホイールスペーサーとの上手な付き合い方~カスタムHOW TO~
  9. 「これが本当に2Lの4気筒なのか」マセラティのハイブリッドがこだわった“数秒のレスポンス”に痺れるPR
  10. トヨタ プリウス PHEV 新型、米国仕様はEVモード40km…ロサンゼルスモーターショー2022
ランキングをもっと見る