ものづくり・金属加工の新たな受発注とは? 工場稼働をクラウドで管理

自動車 ビジネス 企業動向
「クラウド型受発注」の仕組み
「クラウド型受発注」の仕組み 全 2 枚 拡大写真
 アカリ・ファインメタルは12月1日、「クラウド型受発注」サービスの提供を開始する。

 同サービスは金属加工製品について、“発注したい企業”と“受注したい企業”をインターネット上でマッチングするもの。金属加工工場の各工程の負荷状況や製造機械の稼働率といった情報をクラウド上で管理するため、発注側は工程負荷や機械稼働率が低いタイミングで製造発注することで、製造コストを低く抑えられる。

 一方、受注側は工程負荷や機械稼働率が低いタイミングで受注することで、無理なく工場稼働率の向上を図れる。取引先の新規開拓がなかなか進みにくいものづくり、金属加工において、同サービスは業界活性化につながると期待される。

《加藤/H14》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  2. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  3. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  4. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  5. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  6. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  7. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  8. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  9. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  10. 今ならもっと売れたかも? RVブームに登場したコンパクトカー6選【懐かしのカーカタログ】
ランキングをもっと見る