VW、排ガス不正のリコール内容を発表…ソフト更新と部品装着へ

自動車 ビジネス 企業動向
フォルクスワーゲングループのEA189型ディーゼルエンジンのリコール内容
フォルクスワーゲングループのEA189型ディーゼルエンジンのリコール内容 全 2 枚 拡大写真
一部ディーゼル車に、排ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアを搭載していたフォルクスワーゲングループ。同社が欧州でのリコール(回収・無償修理)の内容を開示した。

これは11月25日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。排ガス不正が行われたEA189型ディーゼルエンジンに関して、「ドイツ連邦自動車局(KBA)から、リコール計画の認可を得た」と発表している。

今回の問題は、フォルクスワーゲングループの一部ディーゼル車に、違法なソフトウェア、「ディフィートデバイス(無効化機能)」を装着。このソフトウェアは、車両がダイナモ上で排出ガス検査を受けていることを、ステアリングホイールや車輪の状態などから察知。排出ガス検査の時だけ、排出ガス浄化機能をフル稼働させて、検査をクリアしていた。

一方、通常の走行状態では、顧客が望む燃費や動力性能を実現するために、ソフトウェアの無効化機能が作動。排出ガス浄化機能が無効化されるために、排出ガス基準を大きく上回る有害物質を放出していた。

11月25日のフォルクスワーゲングループの発表では、EA189型ディーゼルエンジンのうち、「2.0TDI」ではソフトウェアを更新するリコール作業を予定。

一方、「1.6TDI」ではソフトウェアの更新と、「エアフロートランスフォーマー」と呼ばれる部品の追加を行う。エアフロートランスフォーマーは、吸気量を測るセンサーの近くに装着されるメッシュ材。これにより、欧州の排出ガス基準に適合させる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VW ゴルフ トゥーラン TSI コンフォートライン リミテッド
  • フォルクスワーゲン Tクロス
  • フォルクスワーゲン・パサート改良新型
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ