加 マグナ、中国重慶に合弁設立…シート生産へ

自動車 ビジネス 企業動向
マグナインターナショナルのセダン用の次世代リアシートシステム
マグナインターナショナルのセダン用の次世代リアシートシステム 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く自動車部品製造大手、マグナインナーナショナル(以下、マグナ)は11月25日、中国重慶市にシート生産の合弁会社を設立すると発表した。

マグナが合弁契約を締結したのは、重慶に本拠を置くHongli Zhixin社。同社との間で、自動車用のシート製造の合弁会社を立ち上げた。

合弁会社には、マグナとHongli Zhixin社が、折半出資。自動車用シートとその部品を、長安フォードをはじめとする中国の自動車メーカーに供給する。

Hongli Zhixin社は、中国の独立系自動車部品メーカー。シートの開発から生産まで、一貫して手がけている。中国国内の生産拠点は、3か所。

マグナ・シーティング社のマイク・バイソン社長は、「マグナの世界規模でのシートに関する専門知識と、彼らの中国でのノウハウを組み合わせて、独自の価値を提供していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • BMW Z4 新型の開発プロトタイプ
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/11/27/264998.html/article/2015/11/27/264997.html/article/2015/11/27/264999.html