自動運転車のレース、2016-2017年から開催へ…フォーミュラE

エコカー EV
ROBORACE(ロボレース)のロゴマーク
ROBORACE(ロボレース)のロゴマーク 全 1 枚 拡大写真
早期の実用化を目指して、主要な自動車メーカーが開発を進めている自動運転車。今度はモータースポーツの世界でも、自動運転のレースが開催されることが分かった。

これは11月27日、EVレースを主催する「フォーミュラE」が明らかにしたもの。「自動運転のEVを使ったグローバルレースシリーズを計画中」と発表している。

フォーミュラEは、この自動運転レースを、「ROBORACE」(ロボレース)と命名。現在のフォーミュラEをサポートするレースとして、2016-2017年シーズンからの開始を目指す。

フォーミュラEによると、10チーム各2台ずつの合計20台の参戦を予定。レースは1時間で争われ、フォーミュラEと同じ世界主要都市で開催するという。

フォーミュラEは、「ROBORACEの使命は、未来の自動車および情報技術が、過酷な状況下で作動することを示すこと」と説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • チャンピオン獲得を決めたダ・コスタ。
  • フォーミュラEのベルリン6連戦がスタートを切った。
  • 2018/2019シーズンのフォーミュラE ベルリン戦(19年5月)。
  • 5月23日に実施されたバーチャルのフォーミュラE・ベルリン戦。
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ