【カーオブザイヤー15】テスラ モデルS P85D がイノベーション部門を受賞

自動車 ビジネス 国内マーケット
日本カーオブザイヤー15、イノベーション部門を受賞したテスラ モデルS P85D
日本カーオブザイヤー15、イノベーション部門を受賞したテスラ モデルS P85D 全 4 枚 拡大写真
12月7日、今年の一台を決める「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」が発表された。環境、安全その他の革新的技術を持つクルマを評価する「イノベーション部門」を受賞したのは、テスラ『モデルS P85D』だった。

P85DはモデルSの高性能版。従来のモデルSは、後輪軸にのみモーターを搭載した後輪駆動車だったが、P85Dでは、前輪側にもモーターを追加し、4輪駆動としているのが特徴。これによりトータル出力は691hp、100km/hまでの加速は3.3秒というスーパーカー並みの性能となっている。

受賞理由は、「EVの課題としてある航続距離を大きなバッテリーを搭載することで対応し、さらに圧倒的な動力性能を実現して、これまでのクルマの常識をイノベーションによって打ち破ったことを高く評価した。また、通信によるソフトウエアのアップデートにより機能を向上させるというシステムも斬新である」とした。

《関 航介》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1ブラジルGP
  • BMW 3シリーズ
  • トヨタRAV4
  • トヨタRAV4
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV