BMW M3 と M4 、米国でリコール…ドライブシャフトに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
BMW M3セダン
BMW M3セダン 全 2 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、BMWの高性能車、『M3セダン』と『M4クーペ』。両車が米国において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が明らかにしたもの。BMWの米国法人、BMWオブノースアメリカから届け出を受けたM3セダンとM4クーペのリコール内容を開示している。

今回のリコールは、ドライブシャフト不具合が原因。NHTSAによると、ドライブシャフトのスリップジョイントのグリス量が不足している車両があり、スリップジョイントが破損する可能性があるという。スリップジョイントが破損した場合、リアアクスルに駆動力が伝達されず、車両が停止。事故のリスクが高まるとしている。

リコールの対象となるのは、2015-2016年モデル。M4クーペはオープンの『M4カブリオレ』も含まれ、M3セダンと合わせて、米国で販売された合計42台がリコールの対象になる。

なお、BMWは対象車を保有する顧客に通知。販売店において、ドライブシャフトを点検し、不具合が見つかれば、交換するリコール作業を実施する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW iNEXT の最新プロトタイプ
  • コンチネンタル プレミアム・コンタクト
  • BMW 3シリーズ 新型のPHV、330eセダン
  • BMW M8 新型ベースのMotoGPセーフティカー
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/12/18/266396.html/article/2015/12/18/266395.html/article/2015/12/18/266397.html