エミレーツ航空、ドバイ=パース線でA380ダブルデイリー運航開始へ…8月1日

航空 企業動向
エミレーツA380
エミレーツA380 全 1 枚 拡大写真
エミレーツ航空は8月1日からドバイ=パース線(EK424便、EK425便)の運航機材を変更し、エアバスA380によるダブルデイリー運航を開始する。

パースは西オーストラリア州の州都。エミレーツのパース線の運航便数は1日2往復。そのうち1往復はボーイング777-300ERでの運航となっているが、8月以降は3クラス519席のA380を使用する。

アジア(中東除く)・南太平洋のエミレーツA380就航都市は17日現在、オークランド、バンコク、北京、香港、クアラルンプール、メルボルン、パース、ソウル、シンガポール、上海、シドニー、ブリスベンの12都市。同社は5月1日からドバイ=台北線にもA380を投入する。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 4 後継モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4 GTS プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ