ボーイングと米空軍、KC-46A第1回給油フライトに成功

航空 企業動向
ボーイングと米空軍、KC-46A第1回給油フライトに成功
ボーイングと米空軍、KC-46A第1回給油フライトに成功 全 1 枚 拡大写真
ボーイングと米空軍は1月24日、KC-46A空中給油・輸送機の第1回給油フライトに成功したと発表した。

KC-46Aテストチームはボーイングフィールド(米ワシントン州シアトル)を離陸後、上空2万フィート(約6100メートル)超まで上昇し、その下を飛行するF-16戦闘機に向けて給油ブームを手動で下ろし、1600ポンド(約730キログラム)を給油した。チームの一人によると、約17メートルあるブームの操作は極めて安定していたとのこと。

KC-46Aはボーイングが米空軍向けに建造している給油飛行機で、人員・物資の輸送も可能。179機の建造を計画するボーイングは今後、別の軍用機への給油フライトを順次実施する予定。

なお、日本の防衛省は昨年10月、航空自衛隊の新たな空中給油・輸送機としてKC-46Aを選定している。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 米海軍病院船マーシー(3月23日、サンディエゴ)
  • 在日米海軍厚木基地の消防車(東京国際消防防災展2018)
  • 埼玉県川越市のゴルフ場(霞ヶ関カンツリー倶楽部)に接近してきた大統領専用ヘリ VH-3Dシーキング、「マリーンワン」のコールサインが使われている。
  • キャンプ富士フレンドシップフェスティバル
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ