トヨタ 86、米国でリコール…キーが抜ける恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット
サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型
サイオンFR-S(トヨタ 86)の2016年型 全 4 枚 拡大写真
トヨタ自動車の小型FRスポーツカー、『86』。同車が、米国でリコール(回収・無償修理)を実施する。

これは2月9日、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。サイオン『FR-S』(日本名:トヨタ86)のリコールを、米当局に届け出た、と発表している。

今回のリコールは、キーのインターロック機構の不具合が原因。米国トヨタ販売によると、86のAT車の一部が納車前整備の手違いにより、ATセレクターが「P」以外でも、車両のキーが抜ける恐れがあるという。

これは、米国の保安基準に抵触。車両が動き出し、事故を起こすリスクが高まる。

サイオンFR-Sの2013-2016年モデル、およそ2万6000台がリコールの対象。同社は、「顧客に連絡し、コネクターを正しく接続する対応を取る」と説明している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ 86 現行モデル
  • トヨタ86GT“BLACK LIMITED”。86トレノのモデル最終期に登場した特別仕様をモチーフにしていることから、事実上の現行ファイナルエディションか。
  • トヨタ86レーシングを用いたサーキット体験
  • トヨタ 86 GTブラックリミテッド(上)とAE86型スプリンタートレノ 特別仕様車 GT APEXブラックリミテッド
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ