【ジュネーブモーターショー16】セアト初のSUV、アテカ …初公開

自動車 ニューモデル 新型車
セアト アテカ
セアト アテカ 全 7 枚 拡大写真
フォルクスワーゲングループに属し、スペインに本拠を置くセアトは2月10日、新型車の『アテカ』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

アテカは、セアト初の市販SUV。セアトは2015年春、ジュネーブモーターショー15にコンセプトカーの『20V20』を出品。アテカは、このコンセプトカーの市販版。世界的に需要が増している小型SUV市場に、セアトも参入する。

アテカの開発は、セアトのスペイン・マートレルのテクニカルセンターが担当。セアトの最新デザイン言語を反映させた。オプションで、フルLEDヘッドライトが選択できる。

アテカの全長は4360mm。室内空間の広さは、クラス最高を標榜する。トランク容量は、4WD車が485リットル、FF車が510リットルを確保した。

パワートレインは、ガソリンとディーゼル。中でも、ガソリンエンジンには、直噴1.4リットル直列4気筒ターボ「TSI」を用意。最大出力は150ps。気筒休止システムを採用している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • セアト クプラ「エルボーン EV」プロトタイプ(スクープ写真)
  • セアト・レオン
  • セアト エルボーン 開発車両 スクープ写真
  • セアト レオンR STクプラ(スクープ写真)
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV