【駅と空港の設備機器展】103系運転台で軽量ホームドアを体験、ハンズフリー改札も…日本信号

鉄道 企業動向
軽量型ホームドアやハンズフリー自動改札機を展示した日本信号(4月20日、駅と空港の設備機器展)
軽量型ホームドアやハンズフリー自動改札機を展示した日本信号(4月20日、駅と空港の設備機器展) 全 7 枚 拡大写真
日本信号は、開発中の軽量型ホームドアや、ハンズフリー自動改札などを展示。JR九州筑肥線九大学研都市駅にこの軽量型ホームドアを取り付けたイメージの3DCG合成映像を流し、103系1500番台シミュレータとともに乗務員の視界を体感できるコーナーを設置した。

この開発中の軽量型ホームドアは、設置や補強のコストをおさえた軽量タイプで、形状・施工性・開閉音に特長があるという。ドア形状は、バー型の左右開閉式で、運転士や車掌からの視認性を高めている。開閉音は向谷実氏が製作、特許は音楽館にある。

当初、最初の納入先を筑肥線九大学研都市駅などを予定していたが、「いま九州の震災でたいへんなとき。納入はそのあとと見込む」(同社)という。

また、ICカードのタッチレス化をめざしたハンズフリー自動改札機は、人体を通信路としてとらえ、胸元にかけたICカードホルダーの信号を、床まで伝わらせて改札を通過させるというもの。

同社は「鉄道の改札口に導入するには、信号読み取りや扉の開閉などのスピードアップが課題。改札直前のフロアにタッチパッドを設置する手間や、ICカードの小型化なども今後、つめていく」と話していた。

同社ブースではこれらの参考出品のほか、セルフロックシステム、エスカレータ混雑検知装置、爆発物探知装置内臓ゲートなどが展示されていた。

《大野雅人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 利用者に寄り添う設備と安全・安定性などが評価された東京メトロ17000系。営業運転に入る前の受賞となった。
  • 10月30日からは平日夕夜間下りで増便される『京王ライナー』。一方で深夜帯は減便へ。
  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。

ピックアップ

Response.TV