農機も自動運転化へ…クボタ、GPS搭載・自動操舵機能付の田植機を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
クボタ ラクエル EP8D-GS
クボタ ラクエル EP8D-GS 全 2 枚 拡大写真
クボタは、業界初となるGPS搭載農機「ファームパイロットシリーズ」の第1弾として、直進時自動操舵機能付田植機「ラクエル EP8D-GS(8条植)」を9月1日より発売すると発表した。価格は392万2560円より。

新機種は、GPSを活用し、未熟練者でも真っすぐ田植えができる「直進キープ機能」を搭載。一工程目で直進方向の基準線(始点・終点)を「基準登録スイッチ」で登録。次工程からは「GSスイッチ(直進キープスイッチ)」を押すだけで、基準線に対して自動操舵で平行走行する。

また、あぜへ接近するとブザーが鳴り、さらに近づくとエンジンが停止し、あぜへの衝突を防止する安心サポート機能を搭載。さらに圃場外では、直進キープ機能が入らない設定となり、誤使用を防止する。

クボタでは、最新技術を搭載したファームパイロットシリーズを市場投入することで、規模拡大を図る担い手農家の経営課題を力強くサポートし、日本農業を支えていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 農業にこそ自動運転を!  未来を切り拓く、クボタの試み
  • クボタ 乗用形田植機 ナビウェルNW8S
  • クボタ(ロゴ)
  • クボタ 高馬力帯トラクタ「M8シリーズ」
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ