FCAとグーグル、自動運転車での提携を正式発表

自動車 ビジネス 企業動向
クライスラー パシフィカ ハイブリッド
クライスラー パシフィカ ハイブリッド 全 3 枚 拡大写真
欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は5月3日、グーグル(Google)と自動運転車のプロジェクトで提携すると発表した。

今回の提携では、グーグルがクライスラーブランドの新型ミニバン、『パシフィカ・ハイブリッド』ベースの自動運転車を、開発テスト車両として導入。

また、FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力。最新の自動運転技術の自動車への搭載について、協業を進めていく。

FCAとグーグルは、自動運転車が安全性を高め、多くの人々にとって、より利用しやすい移動手段になる可能性を持っているという認識で一致した。

グーグルの自動運転車プロジェクトのジョン・クラフチックCEOは、「FCAのエンジニアと密接に協力することが、完全自動運転車の実用化に向けた開発を加速させるだろう」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FCAの電動車向け急速充電ステーション「モビリティストア」
  • FCAのPHVが都市部の電動車専用エリアで自動でEVモードに切り替えるテスト
  • FCAのイタリア・トリノ・ミラフィオリ工場でのV2Gプロジェクト完成予想イメージ。最大700台のEVを相互接続する
  • フォードモーターの米国ミシガン州ディアボーン工場
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ