エア・バルティックのリガ=ミンスク線、就航20周年を迎える…旅客数は約10倍に

航空 企業動向
エア・バルティック機
エア・バルティック機 全 1 枚 拡大写真
ラトビアの航空会社、エア・バルティックは今週、リガ=ミンスク線就航20周年の節目を迎える。

同社は、営業開始翌年の1996年5月14日、ラトビアの首都リガとベラルーシの首都ミンスクを結ぶ路線を開設した。当時の使用機材はサーブ340。同年の年間旅客数は1368人に過ぎなかったが、2015年の年間旅客数は1万2646人にのぼる。総旅客数は約21万人。

リガ=ミンスク線は現在、週3往復(月・水・日)で運航。フライトスケジュールは次の通り。412便はリガを12時50分に出発し、ミンスクに14時に到着。413便はミンスクを14時35分に出発し、リガに15時45分に到着する。使用機材はボンバルディアQ400。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV