トヨタ、伊勢志摩サミットに新型自動運転実験車を提供

自動車 テクノロジー 安全
Urban Teammate搭載車
Urban Teammate搭載車 全 11 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、5月26日・27日に開催の「伊勢志摩サミット」に、一般道での自動運転走行を目指し開発中の新型自動運転実験車「Urban Teammate」を提供した。

Urban Teammateは、2015年10月に公表した、自動車専用道路での自動運転走行を可能とする「Highway Teammate」に続いて、「Mobility Teammate Concept」のもとで開発した自動運転システムの第2弾となる。

今回の実験車は、レクサス『LS』にUrban Teammateを搭載。一般道の自動走行に必要となる歩行者、二輪車、障害物を検出可能とするほか、交差点での右左折や信号機認識、道路規制情報に従い走行することを念頭に開発している。そのため、センサーとしてGPSやカメラに加えて、周囲の距離画像計測機能を備える新規開発のSPAD Lidarを新たに搭載。今後は、2015年12月に発表した地図自動生成システムやAI(人工知能)などを追加搭載し、Urban Teammateを常に進化させることで、より複雑な交通環境下で自動運転の実験を実施していく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV