マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

自動車 ビジネス 海外マーケット
マヒンドラ スコーピオの衝突安全テスト
マヒンドラ スコーピオの衝突安全テスト 全 1 枚 拡大写真
グローバルNCAPは5月17日、インドの自動車大手、マヒンドラのSUV、『スコーピオ』の衝突安全テストの結果を公表した。最高5つ星のところ、星ゼロの最低評価となった。

グローバルNCAPは、英国ロンドンに拠点を置き、世界9か国のNCAP(新車アセスメントプログラム)機関が参加する中立団体。ANCAP(オーストラリア)、アセアンNCAP、C-NCAP(中国)、ユーロNCAP、JNCAP(日本)、KNCAP(韓国)、ラテンNCAP(南米)、US NCAP(米国)、米国道路安全保険協会(IIHS)が参加している。

グローバルNCAPでは、自動車が安全性の最高評価5つ星を獲得するための基準を定義。欧州では、成人・子供用乗員保護システムなどの衝突回避および被害軽減システム、歩行者保護システム、横滑り防止装置(ESC)、自動緊急ブレーキシステム(AEBS)、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムなどの支援システムが、この評価を達成するための基本要件となっている。

今回、グローバルNCAPが公表したマヒンドラのSUV、スコーピオの衝突安全テストの結果は、成人乗員保護性能が最高5つ星のところ、星ゼロの最低評価。インド仕様のスコーピオには、エアバッグ、前席シートベルトプリテンショナー、ABSなどの安全アイテムが未装備で、これが響いた形。

また、子ども乗員保護性能に関しては、最高5つ星のところ、2つ星評価を獲得している。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  4. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  5. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  6. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  7. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
  8. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  9. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  10. アキュラのSUV『RDX』に特別モデル、NSX と同じ工場でハンドメイド…11月米国発売
ランキングをもっと見る