ダイハツ コペン、開発の経緯を書籍化…技術者たちの物語

自動車 ビジネス 国内マーケット
ダイハツ コペン開発物語 「クルマって楽しい」を届けたい
ダイハツ コペン開発物語 「クルマって楽しい」を届けたい 全 4 枚 拡大写真
三樹書房は、『ダイハツ コペン開発物語 「クルマって楽しい」を届けたい』を6月19日より発売する。ハードカバー303ページで定価(税別)1500円。

「ダイハツ コペン開発物語」は、ノンフィクション作家の中部博氏が、コペン誕生に関わったダイハツのエンジニア、全国のクリエイターへの2年間にわたる取材を通じて執筆。18人の登場人物がコペンプロジェクトを回顧し、何に悩み、どう動いたのかを語る。

なお、新刊は自動車産業に関する記録文献として、図書館等からも100部を超える事前注文を受けている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 実はGRらしさが凝縮されている一台?コペンGRコンセプト
  • ダイハツ コペン クーペ(東京オートサロン2019)
  • COPEN GR SPORT CONCEPT(コペン GRスポーツコンセプト)(東京オートサロン2019)
  • COPEN GR SPORT CONCEPT(東京オートサロン2019)
  • 日産 ジューク 次期型のプロトタイプを激写。ジュークの特徴である“顔”はどう変わるか
  • ルノー キャプチャー 次期型 PHEV スクープ写真
  • VWの新ブランド「ジェッタ」SV5 スクープ写真
  • トヨタ アクア 次期型 予想CG

ピックアップ