歴代ホンダF1マシン30台、コレクションホールに集結…8月20日~10月10日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
Honda RA106(2006年)
Honda RA106(2006年) 全 7 枚 拡大写真
ホンダコレクションホールは、「オール ホンダF1マシン特別展示」を8月20日から10月10日まで開催する。

今回の特別展示では、 2015年型「マクラーレン-ホンダ MP4-30」の初展示や、空冷エンジン搭載の「RA302」が4年振りに登場するなど、昨年8月に開催した「オール ホンダF1マシン特別展示」をさらに進化させた内容となる。

そのほか、「ウイリアムズ ホンダ FW11B(1987年 ネルソン・ピケ)」や「ロータス ホンダ 99T(1987年 中嶋悟)」、「マクラーレン-ホンダ MP4/4(1988年 アイルトン・セナ)」など、合計30台ものF1マシンが集結。普段フォーミュラカーやツーリングカーを展示している「4輪レース車」のフロアを埋め尽くす。

入場料は大人(高校生以上)1000円、中学生以下は無料。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シビック タイプR ミーティング(イメージ)
  • 2019年MotoGP 日本GP
  • ツインリンクもてぎ南ゲート
  • 「鈴鹿」と「もてぎ」にも、社会情勢の影響が出てきている。
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ