デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

鉄道 企業動向
デジタルサイネージを組み込んだホームドアの設置イメージ
デジタルサイネージを組み込んだホームドアの設置イメージ 全 2 枚 拡大写真
東急電鉄と日本信号、三菱電機、旭硝子は、共同でデジタルサイネージ一体型のマルチメディアホームドアを共同開発したと発表した。

ホームドアは、旭硝子が開発したガラス一体型デジタルサイネージ「インフォベール」を、三菱電機、日本信号が制作するホームドアの戸袋部分に設置、東急電鉄がコンテンツ配信の仕組みと運用モデルを構築する。

鉄道業界では最大規模となる55インチサイズのデジタルサイネージを組み込んだホームドアを、6月27日に東横線・武蔵小杉駅、7月以降大井町線・溝の口駅でそれぞれ設置して実証実験を実施する。屋外環境での技術的課題を検証するとともに、デジタルデバイスを組み合わせたホーム上での新情報発信方法について効果を調べる。

実証実験の結果により、一部駅でホームドアの導入を検討し、2020年を目標に東横線・田園都市線・大井町線の全64駅にホームドアを設置する計画する。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ