三菱 eKシリーズ、7月5日から販売再開

自動車 ビジネス 企業動向
三菱 eKワゴン(参考画像)
三菱 eKワゴン(参考画像) 全 4 枚 拡大写真
三菱自動車は1日、燃費データ不正問題で生産、販売を停止していた軽自動車『eKワゴン』『eKカスタム』『eKスペース』の販売を7月5日から再開することを正式に発表した。

「eKシリーズ」4月の不正発覚以降、生産、販売を停止していた。主力である軽自動車が販売できなくなったことで、直近の2016年5月の国内販売は2766台と、前年同月比51.4%減、軽自動車は同75%減の912台となっていた。eKシリーズの生産についても、7月4日に再開する。

新届出燃費値が確定、顧客への賠償対応などの道筋が見えたことから販売を再開する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 東風汽車有限 内田誠総裁(専務執行役員)
  • 三菱自動車、岡山県・倉敷市・総社市と災害時協力協定を締結
  • 三菱 エクリプスクロス ディーゼル(ブラックエディション)
  • 日系メーカー各社の米国販売台数、スバルと三菱以外マイナス 2019年1-9月
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/07/01/277760.html/article/2016/07/01/277759.html/article/2016/07/01/277761.html