【F1 イギリスGP】ハミルトンが母国GPで3連覇…ロズベルグはペナルティ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2016F1イギリスGP決勝
2016F1イギリスGP決勝 全 10 枚 拡大写真
2016年のF1第10戦イギリスGPの決勝が9日、シルバーストンで開催され、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季4勝目を挙げた。

決勝レース前にいきなり大雨に見舞われ、セーフティカー先導でのスタートとなったイギリスGP。レースを通してウエットレースになるかと思われたが、早々に雨は止み太陽も顔を出し始める。6周目から本格的にスタートすると、ポールポジションスタートのハミルトンが一気に後続を引き離しにかかった。

一方2番手争いでは、ここ数戦で素晴らしい走りを見せているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が健闘。ランキング首位のニコ・ロズベルグ(メルセデス)に対し果敢にアタックを仕掛け、16周目にオーバーテイク。今季圧倒的な強さを見せているメルセデス勢の牙城を崩した。

レース中盤には路面も乾き、各車がドライタイヤに交換。それでも、ところどころに存在する水たまりに足元をすくわれ、コースオフやスピンを喫するマシンが多く見られた。そんな中、ハミルトンは最後まで安定した走りを披露。2番手に8秒の差をつけフィニッシュ。今季4勝目、通算47勝目を獲得。そして母国イギリスGPでは3年連続で優勝を飾った。

注目の2番手争いはロズベルグが38周目にフェルスタッペンを抜き返すが、終盤にギアボックストラブルが発生。その際にチーム側が禁止されているドライビング方法の指示を無線で行ったとして10秒加算ペナルティを受けることに。結果、2位がフェルスタッペン、3位にロズベルグとなった。

これで両者のポイントランキングが急速に接近。ロズベルグが168ポイント、ハミルトンが167ポイントとなった。

マクラーレン・ホンダ勢はめまぐるしく変わる天候に苦戦。ジェンソン・バトンが12位、フェルナンド・アロンソは途中のスピンが響き13位に終わった。

2016F1イギリスGP決勝結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
3.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
4.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
5.キミ・ライコネン(フェラーリ)
6.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
7.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)
8.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)
9.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
10.ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)


12.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
13.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

《吉田 知弘》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  2. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  3. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  4. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  5. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  6. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  7. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  8. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  9. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  10. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
ランキングをもっと見る