PSAグループ、19年にガソリンPHEVおよびBセグEVを市場導入へ

自動車 ニューモデル 新型車
PSAグループ パワートレイン&シャシーエンジニアリング研究開発部長 クリスチャン・シャペル氏 会見
PSAグループ パワートレイン&シャシーエンジニアリング研究開発部長 クリスチャン・シャペル氏 会見 全 3 枚 拡大写真
PSAグループでパワートレイン&シャシーエンジニアリング研究開発部長を務めるクリスチャン・シャペル氏は7月12日、都内で会見し、2019年にガソリンエンジンを搭載したプラグインハイブリッド車(PHEV)を導入することを明らかにした。

シャペル氏はPSAの日本法人が同日都内で開いたクリーンディーゼル発表会の席上、今後の環境技術に関する取り組みとして「2017年には次世代ガソリンエンジン、さらに高いドライビング性能を持つ8速オートマチックトランスミッションを導入する」と紹介。

さらに「2019年にはガソリンエンジンを搭載したPHEVを、またBセグメントに新たに設けられるプラットフォームを使って製造される電気自動車(EV)も登場する」と述べた。

PSAグループは4月5日に発表した新経営戦略「Push to Pass」の中で、環境対応として2021年までにPHEV 7モデルおよびEV4モデルを導入することを明らかにしている。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アンジェロ・シモーネ氏
  • PSAグループが欧州の全施設に設置する充電ステーション
  • PSAグループ取締役会のカルロス・タバレス会長
  • PSAグループの各ブランド
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV