【日産 プロパイロット】坂本副社長「普及できるし普及させたい」

自動車 テクノロジー ITS
坂本副社長
坂本副社長 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は7月13日、自動運転技術の「パイロット」を発表した。高速道路内の単一車線で、車両が判断しながら加減速とステアリングの操作をして走行する。8月下旬に全面改良して発売する『セレナ』に初搭載する。

ステアリングに装備されたボタンで自動運転モードに切り換え、ドライバーがセットした速度を上限に、前方車に追随走行する。渋滞時や長時間の巡航走行での利用を想定している。セット可能な作動域は30~100km/hで、車線の中央を走る機能も備える。

渋滞時のステアリング、ブレーキ、アクセルの全てを自動でサポートする技術は日本メーカーでは初という。車両の前方センサーは、イスラエル社製の単眼カメラを採用している。システムの価格などは未公表。

記者会見した開発部門担当の坂本秀行副社長は「普及してきた自動ブレーキより、はるかに高い安全性が確保できる。普及できるし、普及させたい」と語った。

《池原照雄》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV