ジャガー・ランドローバーが自動運転の公道テスト…100台以上投入へ

自動車 ビジネス 企業動向
ジャガー・ランドローバーの自動運転の公道テスト
ジャガー・ランドローバーの自動運転の公道テスト 全 4 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは7月13日、自動運転車の公道での開発テストに、100台以上の車両を投入すると発表した。

ジャガー・ランドローバーは2016年2月、自動運転車両の研究プロジェクト「MOVE-UK」に出資。人間のドライバーのような反応ができる車両開発に協力してきた。

MOVE-UKは、ボッシュが主導するプロジェクト。ジャガー・ランドローバーをはじめ、英国交通研究所(TRL)、ダイレクトライン、グリニッジ・ロンドン特別区、ザ・フローが参加。グリニッジ・ロンドン特別区の職員がジャガー・ランドローバーの車両を毎日運転し、渋滞、混雑した交差点、道路工事、悪天候など、実社会の運転状況に対するさまざまなドライバーの反応を検証している。

プロジェクトの狙いは、車両に搭載されたセンサーが収集したデータから、複雑でストレスがかかる状況などで、ドライバーが行う自然な運転操作と判断について明らかにすること。例えば、ロータリーや交差点で道を譲る、交差点で車の流れに入るために減速する、渋滞中に車両後方から緊急車両が接近してきた際の対応などが、調査に含まれる。

今回のジャガー・ランドローバーの発表では、今後4年間に、100台以上の開発車両を自動運転車の公道テストに投入する計画。まずは年内に、英国内の2都市を基点に、高速道路および一般道での走行テストを開始する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HANEDA INNOVATION CITYの敷地内を定常運行する「NAVYA ARMA」
  • 実証実験中の自動運転バス
  • メルセデスベンツ Aクラスセダン
  • ウェブセミナー「安全な自動運転レベル3実現へ向けた開発最前線からのアップデート」
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ