ライドシェアサービス、20代の5.8%が現在利用中…ジャストシステム調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット
Uberの画面イメージ
Uberの画面イメージ 全 2 枚 拡大写真
ジャストシステムは、全国の20歳~69歳の男女1115名を対象に実施した「CtoCマッチングビジネスに関する実態調査」の結果を発表した。

調査結果によると、Uberなどのライドシェアサービスを「現在利用中」の人は1.7%、「過去に利用した経験がある」人は1.9%。年代別では20代の利用率が最も高く、「現在利用中」が5.8%、「過去に利用した経験がある」は5.3%だった。

ヤフオクなどのオンラインオークションサービスについては、「現在利用中」が23.5%。20代で、メルカリなどのオンラインフリーマーケットを「現在利用中」の人は23.1%、「過去に利用した経験がある」人は10.7%だった。

また民泊サービスの認知度は46.3%で、「現在利用中」の人は2.2%、「過去に利用した経験がある」人は1.7%、「利用したことはないが、利用してみたいと思う」人は11.5%、「利用したことはなく、利用したいとも思わない」人は30.9%だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ウーバーが都内でタクシー配車サービスを開始
  • 日産 リーフ(欧州仕様)
  • ヒュンダイ初の空飛ぶ車(模型。CES 2020)
  • 配車アプリの巨人「グラブ(Grab)」がついに日本上陸(写真はシンガポール)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ