東燃ゼネラル石油、中間期業績見通しを下方修正…石油マージン下落など

自動車 ビジネス 企業動向
東燃ゼネラルグループ のホームページ(2016年8月)
東燃ゼネラルグループ のホームページ(2016年8月) 全 1 枚 拡大写真
東燃ゼネラル石油は、2016年6月中間期(1~6月期)の業績見通しの下方修正を発表した。

売上高は、原油・製品価格が下落した影響で前回予想より1420億円減少して9580億円となった模様だ。

営業利益は前回予想より51億円マイナスの169億円を予想。石油化学品マージンが想定を上回ったものの、石油製品マージンが想定を下回ったため。

四半期純利益は前回予想から11億円減の159億円を予想する。

下期は石油製品マージンの回復、石油化学品の良好なマージンが継続する見込みから通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ドトールコーヒーショップ エッソ市原五所店
  • 東燃ゼネラルグループ のホームページ(2016年8月)
  • 東燃ゼネラルグループ のホームページ(2016年8月)
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ