【スマート フォーツー カブリオ ターボ / フォーフォー ターボ】他社から6割、好調アピール

自動車 ニューモデル 新型車
スマート フォーツーカブリオターボリミテッド
スマート フォーツーカブリオターボリミテッド 全 8 枚 拡大写真
メルセデス・ベンツ日本は、スマートの追加モデル『フォーフォーターボ』と、限定車『フォーツーカブリオターボリミテッド』、『フォーツーカブリオターボマットリミテッド』を発売した。

「スマートはメルセデスの最新テクノロジーを惜しげもなく投入して生まれたコンパクトモデルだ」と話すのは、同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏だ。

現行スマートは昨年10月に開催された東京モーターショーで発表され、「個性的なデザイン、日本の道路事情にぴったりな取りまわしの良さ、コンパクトでありながら優れた居住性、そして、メルセデス譲りの高い安全性などが認められ、発表以来約 3400台をすでに販売した」という。そして、「スマート及びメルセデスベンツ以外の他メーカーからの乗り換えは6割以上で、多くの新しいお客様に受け入れられている」とその実績を評価。

そのスマートに3台のモデルが追加された。そのひとつ、2人乗りのフォーツーのオープントップモデルである、スマートフォーツーカブリオターボリミテッドについて上野氏は、「スマートの持つドライビングの楽しさにオープントップによる解放感が加わったクルマだ」と説明。その最大の特徴である電動開閉式ソフトトップは、「停車中のもちろんのこと、どの速度領域でもいつでも好きな時に開閉することができる」と述べる。

エクステリアは、4色のカラフルなボディに、トリディオンセーフティセルとフロントグリルのカラーを組み合わせ、ソフトトップにはブラックとレッドの2色を採用。

インテリアは、シートヒーターを備えた本革シートを始め、「上質さを高める装備もそろえている」(上野氏)。

エンジンは今回初めて日本に導入するターボエンジンだ。現在販売中の自然吸気エンジンと比べ最高出力は19ps、最大トルクは44Nmアップし、90ps、135Nmを発揮。「スポーティな走行感覚を高めるとともに、高速道路での加速などでゆとりあるパワーを発揮することができる」と上野氏。ボディカラーは4色で、各50台ずつ、合計200台の限定車として発売する。価格は248万円だ。

《内田俊一》

【画像】【スマート フォーツー カブリオ ターボ / フォーフォー ターボ】他社から6割、好調アピール(8枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  3. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  4. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  5. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  6. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  7. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  8. ロールスロイス、新型EV発表へ…9月29日
  9. 実はアルコール消毒液が犯人…山陽新幹線で飲酒疑いによる運休
  10. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
ランキングをもっと見る