【リコール】三菱eK/日産デイズなど7万9000台、走行中にドアが開くおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
三菱eKスペースとeKワゴン
三菱eKスペースとeKワゴン 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車は8月4日、三菱『eK』などのドアラッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱『eK』『eKスペース』、日産『デイズ』『デイズ ルークス』の4車種で、2015年10月5日から2016年2月25日に製造された7万9501台。

右側ドアのドアラッチにおいて、構成部品の製造が不適切なため、部品の精度が規格を外れているものがあり、気温が高くなるとロック機構の動きが悪くなることがある。そのため、ドアが確実にロックされず、最悪の場合、走行中に開くおそれがある。

改善措置として、全車両、右側ドアラッチを良品と交換する(スライドドアラッチを除く)。なお、交換用部品の準備に時間を要するため、使用者に不具合内容を通知し注意喚起のうえ、部品準備が整い次第交換する。

不具合は45件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • 日産 e-NV200
  • 改善箇所
  • トヨタ クラウン RSアドバンス(2018年)
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ルノー メガーヌ 改良新型(スクープ写真)
  • アウディ RS5スポーツバック 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/08/04/279605.html/article/2016/08/04/279604.html/article/2016/08/04/279606.html